アップルヘッドがかわいいチワワ。チワワで知っておきたい病気と生活上の注意点

ころんと丸い頭にとても小さな体が特徴的なチワワ。「アップルヘッド」とも呼ばれる独特の頭の形をしたチワワには、是非知っておきたい病気や生活する上での注意点があります。今回は、アップルヘッドが特徴的なチワワで気をつけておきたい病気と生活する上での注意についてです。

アップルヘッドが特徴的なチワワがなりやすい病気

チワワのコロンとした丸い頭は「アップルヘッド」とも呼ばれ、チワワの魅力のひとつです。しかし、実はチワワには、遺伝的に起こりやすいとされている先天性の脳の疾患があります。もちろんアップルヘッドであるからといって、全てのチワワに疾患があるわけではありませんが、チワワと暮らす上での知識として、是非知っておきましょう。

チワワ アップルヘッド

チワワで見られる先天性疾患のひとつである「水頭症」

水頭症は「脳室」と呼ばれる、脳の一部分に脳脊髄液が過剰に貯まる病気です。チワワでは先天性水頭症が遺伝によって起こることがあります。水頭症の症状としては、歩き方の異常や同じ場所でクルクル回る旋回運動のほか、性格が凶暴化したり、視力障害が起こったりします。また、他の子犬と比べてぼんやりしていたり、発育不良が見られたりすることもあります。水頭症による症状が始まる時期は、水頭症の重症度によって様々です。

水頭症の治療は、主に薬を使った内科治療を行ないます。しかし、水頭症を完治させることはできず、治療は非常に難しいと言わざるを得ません。病気の重症度にもよりますが、治療への反応が良ければ数年間は延命することができるケースもあります。しかし、薬による治療への反応が良くないチワワの場合には、残念ながら短期間で死亡してしまうこともあるのです。
一方、重症度によっては手術を行なうこともあります。しかし、水頭症の手術を実施できる施設は限られているというのが現状です。さらに、合併症の可能性がある、術後の集中的なケアや定期的なチェックが必要、といった様々な問題もありますので、水頭症と診断された場合の治療については、かかりつけの動物病院の先生とよく相談しましょう。

チワワ アップルヘッド 病気

チワワに多い「大泉門の開存」

アップルヘッドと呼ばれる特徴的な頭の形をしているチワワですが、時に頭頂部に頭蓋骨の隙間があることがあります。この状態のことを「大泉門が開存している」と言います。大泉門とは、頭頂部にある頭蓋骨の継ぎ目のことで、本来であれば犬は閉じた状態で生まれてきます。チワワをはじめとしたトイ種では、開いたままで生まれてくる場合もありますが、成長の過程でやはり閉じていきます。しかし、ときおり、成長しても大泉門が閉じないままでいるチワワがいます。 大泉門が開存したままのチワワでは、脳を守るための頭蓋骨の一部にスペースがある状態になっているため、チワワの頭上に強い衝撃を与えることは絶対に避けなくてはなりません。

ここで注意しておきたい点として、「大泉門が開存している」ということと「水頭症」の関係があります。「大泉門の開存」と「水頭症」は、混同されてしまいがちですが、大泉門が開存しているからといって必ずしも水頭症というわけではありません。また、逆に、大泉門が開存していなくても水頭症であるチワワもいるのです。

アップルヘッドが特徴的なチワワとの暮らしで気をつけたいこと

チワワの特徴には、アップルヘッドに加えて、超小型犬であるという点があります。アップルヘッドに小さな体を持つチワワとの暮らしの中では、特に気をつけたいことがいくつかあります。

チワワ アップルヘッド 病気

衝撃に気をつける

チワワは体が小さく華奢なため、衝撃を与えるようなことは避けてください。
特に、アップルヘッドが特徴的なチワワでは、大泉門が開存したままであることがあります。脳を保護するための頭蓋骨にスペースがあるため、頭部に衝撃を与えることは絶対にしてはいけません。体罰を行なわないことは当然ですが、抱っこしている腕から飛び降りた、頭上から物が落ちてきた、などといった事故には十分に気をつけましょう。人間にとってはそれほど大きな衝撃でなくても、チワワにとっては大けがの原因になることがあります。

また、アップルヘッドと華奢な体が特徴的なチワワは、高いところから下をのぞいた時などにバランスをうまくとれずに落下してしまうことも考えられます。ソファやベッドには上らないようにしつけを行い、その他の危険な場所には登れないようにするなど、安全な生活環境を確保しましょう。

チワワをノーリードで散歩をしない

飛び出しによる事故や他の犬とのケンカなどでの怪我をしないためにも、絶対にノーリードで散歩をしないでください。もちろんこれは、チワワに限ったことではありませんが、大泉門が開存したままであるチワワも少なくありませんので、特徴的なアップルヘッドの頭部を噛まれるといった事故には細心の注意が必要です。散歩のトレーニングをしっかりと行い、常に飼い主のそばを歩かせる習慣をつけておきましょう。

チワワ アップルヘッド 散歩 

チワワのアップルヘッド自体が直接病気を示唆するわけではありませんが、チワワに遺伝が関与しているとされている先天性の脳の疾患があることは事実です。チワワと暮らす上で、そういった病気については知識として知っておくとよいでしょう。症状に関して心配なことがあれば、早めにかかりつけの動物病院で相談しておくことをお勧めします。また、普段の生活の中の事故から愛犬であるチワワを守る事ができるのは飼い主自身です。安全の確保を十分に心がけ、健康で快適に暮らせるようにしてくださいね。

この記事を誰かに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加