チワワの垂れ耳は矯正したほうがいい?チワワの垂れ耳矯正の注意

チワワというと、小さな体にクリクリとした大きい瞳、そしてピンと立った大きな耳を想像する人が多いでしょう。チワワでは、大きな立ち耳がスタンダードとされていますが、中には垂れ耳のチワワもいます。チワワが垂れ耳であることに何か問題があるのでしょうか?また、垂れ耳のチワワを立ち耳にすることはできるのでしょうか?今回のテーマはチワワの垂れ耳と垂れ耳矯正の注意についてです。

チワワの子犬の多くは垂れ耳

チワワ 垂れ耳 子犬

子犬のうちは多くのチワワが垂れ耳です。おもしろいことに、チワワが成長していく過程において、だんだんと垂れ耳が立ち上がっていくのです。多くの場合、生後6ヶ月前後で立ち耳のチワワになることが多いようです。ただし、チワワが立ち耳になる時期については個体差が大きく、6ヶ月齢より早く立ち耳になるチワワもいます。
一方、この時期を過ぎても立ち耳になっていないチワワは、成犬になっても垂れ耳のままである可能性が高いでしょう。また、片方の耳だけが立ち耳となり、もう一方の耳が垂れ耳のままのチワワもいます。

チワワの垂れ耳は問題?矯正の必要性

ほとんどの場合、チワワが垂れ耳であることの問題はそれほど大きくありません。しかし、耳の垂れた部分が耳道に蓋をするようになっていると、耳道の通気性が悪くなり、蒸れやすくなることがあります。そのため外耳炎を予防するための耳掃除などのケアを、よりこまめに行なってあげることが大切になるでしょう。
ただ、耳の清潔を保つことは立ち耳のチワワであっても必ず必要ですし、立ち耳であれば外耳炎にかからないというわけではありません。そのため、健康上の問題はチワワの垂れ耳を積極的に矯正する理由にはならないでしょう。

チワワ 垂れ耳

その一方で、ドッグショーなどに出場したい、といった理由でチワワの外貌がスタンダードから外れてしまうことを気にする場合には、垂れ耳を矯正するための方法を試す飼い主もいます。垂れ耳矯正を試してみてもうまく立ち耳にならない場合があったり、チワワが嫌がってしまったりして継続できない場合があったりして、必ずしも確実な方法とは言えませんが、参考にしてみてもよいかもしれません。どうしても気になる場合は、かかりつけの動物病院で相談してみてもよいでしょう。

チワワの垂れ耳矯正の注意点

サージカルテープなどを用いてチワワの垂れ耳を矯正することがありますが、耳介部(耳の内側)の皮膚は薄く、繊細なため、湿疹が出たり赤くなったりする場合があるので注意が必要です。また、テープを貼られていて、常に耳が気になる状態であることに、チワワ自身がストレスを感じることもあります。

チワワ 垂れ耳 子犬

さらに、チワワの垂れ耳矯正は多くの場合、2〜3か月齢といった低月齢のうちからはじめることが多いようですが、子犬が嫌がるようであれば無理に行なわない方がよいでしょう。この時期は子犬の社会化期にあたり、人間との関係性を構築する上で非常に大事な時期です。子犬が嫌がる事は行なわない、ということが子犬との信頼関係を深める上でとても大切なのです。

垂れ耳矯正を行なう時期には、まだそのチワワが垂れ耳になるか立ち耳になるかははっきりしないことがほとんどでしょう。矯正を行なわずに様子を見ていても、自然と立ち耳になることも少なくありません。ショーへの出場など、審美的な観点から積極的に垂れ耳矯正を行なうケースはよくあることですが、その一方で、家庭犬として人と暮らすチワワにとっては、垂れ耳が大きな問題を起こすことはほとんどないともいえます。意識してこまめに耳の清潔を保つためのケアは行なう必要はありますが、垂れ耳のチワワも愛嬌があってとてもかわいいものです。たとえ垂れ耳であっても大切な家族にかわりないチワワを大切に育ててあげてくださいね。どうしても気になる場合は、動物病院で相談してみてくださいね。

この記事を誰かに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加