チワワは人見知りで犬見知り!?チワワの人見知りを克服しよう

小さくとても可愛らしいチワワはどこへいっても人気者。散歩をしていると、チワワのかわいさにつられて近寄ってくる人も多いのではないでしょうか?しかし、チワワがとても人見知り、犬見知りで、飼い主以外の人や他の犬と仲良くできないということはよくあるようです。そこで、今回はチワワを人見知りにしない方法、チワワの人見知りを克服する方法について紹介します。

チワワは人見知りで犬見知り?

チワワ 人見知り

チワワは独立心が強い上に、非常に臆病で警戒心が強い性格であることが多い犬種です。一方で、自分を守ってくれる飼い主やリーダーには、非常に忠実な面も持ち合わせています。チワワは小さいながらも、人や他の犬に対して大きな声で吠えやすい傾向があるため、必要以上に警戒心を持って吠えることがないように気をつけなくてはなりません。そのためには、子犬のうちからしっかりとした社会化を行ない、フレンドリーなチワワに育てることがとても大切です。一方、すでに成犬になっている場合であっても、トレーニングを適切に行なうことで人見知りは克服できるでしょう。

チワワを人見知り、犬見知りにしない為に

子犬の社会化期は4ヶ月くらいまでと言われています。チワワが社交的で落ち着いた犬に育つためには、この社会化期の経験がとても大切です。

チワワ 人見知り 犬見知り 社会化

まず、チワワは生後3か月頃までの期間に、親犬・兄妹犬との関わりの中で他の犬との接し方を学びます。
子犬が兄弟犬や他の犬とじゃれあって遊ぶことで、また、母犬の行動を観察することで犬社会におけるルールを学ぶことは、子犬の健全な発育の上でとても大切なことなのです。そのため、社会化期の早期に子犬が母犬や兄弟犬から離されてしまうことは、非常に大きな問題があると言えます。

チワワ 人見知り 犬見知り 子犬 社会化

次に子犬は、人間社会での暮らし方も学びます。 是非、家族に迎えた子犬の残りの社会化期を大切にしてください。
自宅に迎えたチワワが十分に飼い主家族に慣れ、ワクチンプログラムが完了したら、積極的に散歩に連れて行き、家族以外の人や、他の犬の存在にも慣れさせていきましょう。動物病院で開催されるパピークラスに参加してもよいでしょう。ただし、チワワが怖い思い、怖い経験をしないように十分注意してください。チワワの様子を見ながら、無理なく色々なことに慣れさせていきましょう。

チワワの人見知り、犬見知りを克服するために

すでに成犬になってしまっていても、トレーニングをすることで人見知り、犬見知りを克服することは可能です。 まずはできることから少しずつチャレンジしてみてください。

チワワ 人見知り 犬見知り トレーニング

他の犬に吠える場合には、まず遠いところから他の犬を見せ、吠えずにいらえたら少量のご褒美を与え、少し近づく、ということを繰り返しながら距離を縮めてみてください。そうすることで、他の犬がそばにいても大丈夫なように慣れさせるとよいでしょう。

一方、見知らぬ人やお客さんに対して吠えるような場合にも、お客さんからおやつを与えてもらうなどしながら、少しずつ見知らぬ人に慣れさせていくようにしましょう。

少々根気は必要ですが、人見知り、犬見知りのいずれであっても、チワワが怖い思いをしないように無理をせず、少しずつトレーニングを進めてください。方法については、動物病院で相談してみてもよいでしょう。また、どうしても手に負えない場合には、行動治療を専門としている獣医師やドッグトレーナーに相談するという方法もあります。

チワワを人見知り、犬見知りにしないためには子犬の頃の社会化がとても大切ですが、成犬になっていても適切にトレーニングをすることで、落ち着いたフレンドリーなチワワになることができるはずです。 チワワが人や犬に必要以上に怯えることなく、穏やかな気持ちで暮らせるようになることは、飼い主にとってもチワワにとっても嬉しいことです。是非、人も犬も大好きな、社交的なチワワとの暮らしを楽しんでくださいね。

この記事を誰かに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加