チワワは今どんな気持ち?チワワの気持ちが分かるしぐさや動き

愛犬のチワワの気持ちや感情を読み取る事はできますか?チワワはしぐさ、動きや鳴き声などをさまざまに変化させることで、そのときの色々な気持ちを表現したり、メッセージを発したりしています。チワワとの信頼関係を深めるためにも、チワワのしぐさや動きから多くの情報を得られるようになることは大切です。今回はチワワの気持ちがわかる仕草や動きの中から、よく見られるものをいくつか紹介します。

チワワの気持ちがわかる仕草①

尻尾を振る、体をくねらせるように動く

嬉しい時、楽しい時に、チワワは尻尾をパタパタと振ります。体をくねらせて動いたり、走り回ったりして、さらには口も笑っているかのように開いて、喜びを体全体で表現しようとします。ただ、怒っている時や不安な時にも尻尾を振りますので、チワワの表情や動きもよく観察しましょう。

仰向けになる

チワワ 気持ち 降参

服従や降参するとき、甘えたいときには、チワワはゴロンと仰向けになります。

立ち上がる、お尻を上げる

チワワが前足を上げて後ろ足だけで立ち上がることがありますが、これは遊びに誘うときによく見られるポーズです。また、前足をつっぱって、伏せの状態からお尻を上げたような弓なりの姿勢で尻尾を立てている時も、遊びを誘っていることが多いです。

尻尾をお尻の下に巻き込んで震える

チワワが尻尾をお尻の下にまきこんで、小さな体をさらに小さくしている時は、怖がっている時です。よく見ると体をブルブル震わせているようなこともあります。

チワワの気持ちがわかるしぐさ②〜知っておきたいカーミングシグナル〜

チワワ 気持ち カーミングシグナル あくび

チワワが不安になったときなどに、緊張をほぐしたいときにとる行動をカーミングシグナルと言います。

  • あくびをする
  • 床や地面の臭いをしきりにかぐ
  • 自分の鼻をなめる
  • 体を振る

といった行動は、チワワでよく見られるカーミングシグナルです。チワワがこういった行動をとったときには、何か不安にさせる状況がないかを見直し、不安を取り除いてあげましょう。

チワワの気持ちがわかる表情

上唇を膨らませ、歯をむき出しにする

チワワが怒っている時には、上唇を膨らませ、歯をむき出しにします。

耳を後ろに引く

怖い時、不安な時、嬉しい時など、様々な気持ちのときに耳を後ろに引きます。このような場合は、耳だけでなくチワワの体や尻尾にも変化がありますので、他の部位の様子をあわせて判断します。
特に、チワワが耳を後ろに倒して、歯をむき出し、体勢を低くして尻尾をお尻の下に巻き込んでいるような場合は、相手が近づいてこないように威嚇している時です。不意に噛みついてくることもありますので要注意です。

耳を前に傾け、鼻に皺をよせる

耳を前に傾け、鼻に皺をよせて、さらに歯をむき出しにしているようなときは、かなり攻撃的になっている状態です。尻尾は高く持ち上がっていることが多いでしょう。噛みつかれてしまわないように注意しましょう。

チワワの気持ちがわかる鳴き声

「ピーピー」「ピスピス」と鳴く・「クーン」「キューン」と鼻を鳴らす

チワワ きもち 退屈

近づかないと聞こえないような、細く小さな声で「ピーピー」「キューン」などと鳴く場合は、何かを要求している時でしょう。汚れているペットシーツを清潔なものに取り替えて欲しい時、お腹が空いた時などに、このような鳴き方をすることが多いようです。また、寂しいときや甘えたいときにも「ピスピス」「クーン」などと鳴きます。

「ワンワン!」と鳴く・「ウー」とうなる

警戒していたり、何か要求していたりするときには、「ワンワン」と力強く吠えることがよくあります。また、相手を威嚇しているときには「うー」といううなり声を出します。

チワワがしぐさや動きから発しているメッセージを読み取ることができれば、愛犬とより深いコミュニケーションをとることができるようになるはずです。表現のしかたには個性や個体差はありますが、愛犬の動きをよく観察して、愛犬の気持ちをより深く理解できるようになってみてはいかがでしょうか。

この記事を誰かに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加