チワワのしっぽで気持ちがわかる?しっぽから読み解くチワワの感情

愛犬のチワワが喜んでいるなと感じるのはどんな時ですか?しっぽを振りながら、大きな瞳で飼い主に駆け寄ってくる時などではないでしょうか。チワワをはじめとした犬は、しっぽで一生懸命自分の感情を表現します。今回は、知ったらもっと好きになる、チワワのしっぽから読み取れる気持ちについてお話しましょう。

チワワのしっぽからわかる気持ち

chihuahua-453536_640

チワワは、しっぽを左右に大きくフリフリしているかと思えば、だらーんと下げてしまっていたり、時には後ろ足の間にぐるりとしっぽを巻き込んでしまっていたり、本当に色々なしっぽの動きを見せます。しっぽの状態と犬の気持ちには、深い関連があるといわれています。

しっぽをふりふりしている場合

dog-778256_640

素早く大きくしっぽをフリフリしている時は、チワワがウキウキ、ワクワクしている喜びの気持ちを表します。振り幅ではなく、しっぽを振る早さによって興奮度合いが異なると言われています。

狭い幅で少しだけしっぽを振る

お散歩の途中で他の犬や人と会った時などに、狭い幅で少しだけしっぽを振ることがあります。不安と好奇心が入り交じった感情とも言えるでしょう。

腰からしっぽまで大きく左右に振る

自分がここにいることを表したい時や、大事にして欲しい時など、自分よりも優位な立場である相手に見せる動きです。相手にへりくだっている時にする行動で、久々に飼い主と再会できた時などに、「もう離さないで!」などの気持ちも込めた嬉しさと甘えの気持ちの表れだと言われています。

腰を落として、床をこするように左右に振る

チワワが「なんでも言うことを聞くよ」という、敬意と愛情を示す時の行動です。

しっぽを水平近くでゆっくり振る

チワワが初対面の相手の様子を伺っているときに見せる動きです。不安を表しているとも言われています。 相手に対しての接し方がわかるとしっぽの位置が高くなったり、低くなったりするので観察してみましょう。

斜め下にしっぽが垂れ、緩やかに左右にふる

リラックスしていて、何も不安がない安心した状態を表します。

しっぽが垂れている場合

dog-1033158_640

まっすぐのしっぽが後ろ足近くまで垂れて、ゆっくり揺れている

チワワが病気やケガで辛い時、精神的に不快感を感じ調子が良くない時などに見られます。

やや腰を落とし後ろ足の間にしっぽが垂れている

家族みんなが出かけて留守番をする時や、慣れない環境におかれた時などに、なんとなく不安な気持ちを表していると言われています。

しっぽが後ろ足の間に巻き込まれている

相手に恐怖を感じている時や、攻撃してきた相手に対して、服従し、平和的な解決をはかろうとしている時に見られます。

しっぽが立っている場合

しっぽがピンと、斜め上を向いている

チワワが周りの全員に対して、自分が優位であることを示す時に見られます。チワワの自信のあらわれでもあります。

ピンと立ったしっぽをさらに、背中の方に曲げている

チワワが自分の支配力をわかり、自分の力を誇示したいときに見られます。全て自分の思い通りになると期待している時の状態です。

しっぽがまっすぐ水平

ピンとしてはいないが、しっぽが水平に突きだしている

何かが近くで起きたり、遠くから誰かが近づいてきたりした時など、未知の状況に対する好奇心を表す時の状態です。

しっぽがピンと水平に突きだされている

チワワが他の犬と対立しているときに、相手への警戒心と緊張を表していると言われています。

チワワは、気持ちや感情をしっぽの動きでとても豊かに表現しています。少し意識してしっぽの動きを観察してみてください。しっぽにあらわれるチワワの気持ちを知ると、もっともっとコミュニケーションが楽しくなります。チワワとの素敵な毎日のために、早速取り入れてみて下さいね。

この記事を誰かに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加