チワワが本当に喜んでくれるおもちゃとは?おすすめ犬用おもちゃ3つ

ついつい欲しくなる愛犬のおもちゃ。たくさんの種類があるため、良さそうなものがあればつい買ってしまい、家にはたくさんのおもちゃがある、なんて人も多いのではないでしょうか。しかしその中には、せっかく買ったのにチワワが全く遊ぼうとせず、使っていないおもちゃもあるのではないでしょうか。チワワをはじめ、犬が本当に喜ぶおもちゃとは、どのようなおもちゃでしょうか?また、犬が喜ぶおもちゃの遊び方とはどうすればよいのでしょうか?そこで、犬が喜んでくれるおもちゃについて探ります。

おもちゃ選びの基本

チワワの年齢や性格、また犬種によって、おもちゃの好みや人気のおもちゃは変わってきますが、基本的に犬はかじって遊ぶことが大好きです。そのため、何より安全なおもちゃを選ばなくてはなりません。飼い主が投げて遊ぼうとしても、おもちゃを口にくわえながらブンブン振り回して遊んでいたりしますよね。犬はそのような遊び方が大好きなので、犬のおもちゃをきちんと選んでおかないと、思わぬ事故を招くことがあります。サイズが小さすぎると誤って飲み込んで喉に詰まらせる危険があります。また、硬すぎるおもちゃの場合、我を忘れて遊び過ぎて、歯が欠けてしまうこともあります。犬のおもちゃは、身体に合わせて適度な大きさ、硬さの物を選びましょう。

シーン別、愛犬におすすめのおもちゃ

屋外ではフリスビーやボール!

チワワ おもちゃ

外で愛犬と遊ぶ時には、フリスビーやボールを使うと、チワワのストレス発散にもなりとても喜びます。鈴などの音が鳴るおもちゃも犬には人気です。音のなるボールなどを使って屋外で思いっきり遊んで、愛犬の好奇心を刺激するのも良いのではないでしょうか?

室内では綱やパペットがおすすめ!

網を引っ張り合って遊ぶものも、おすすめです。片方を愛犬が、片方を飼い主が持って引っ張り合って遊びます。また、パペットを使って、愛犬と話すようにして遊ぶことが好きな犬もたくさんいます。パペットを使った遊びは、特に子犬の頃の社会化にも役立ちます。また、遊びに夢中になると、興奮して飼い主の手をおもちゃと一緒に噛むことがあるので、甘噛みの力加減をしつけたい時にも有効です。

愛犬だけでも遊べるぬいぐるみもおすすめ!

ぬいぐるみを与えておくと、上手に噛んだりじゃれたりして遊ぶので、愛犬が好きなように遊べるおもちゃとしておすすめです。

チワワに人気!?のおすすめのおもちゃ3つ

本物みたいに虫が動く!?「taichi BUGBUG」

床に置くとちょろちょろと本物の虫のように動き回り、壁に当たれば勝手に方向転換する、電池で動くおもちゃです。本来は猫用に販売されているものですが、愛犬の好奇心も刺激します。じーっと見つめて捕まえにいったり、追いかけまわしたり、愛犬の性格によって様々な遊び方を見せてくれることでしょう。小型犬や、ボール投げなどにはあまり興味を示さないハウンド系の犬種に人気のようです。
taichi BUGBUG(バグバグ)の詳細はこちらから。

おもちゃより木の枝が大好きなの愛犬には!「ウッディー・タフ・スティック」

公園に行って、ボール遊びに誘っても全く興味を示さず、落ち葉や木の枝でばかり遊ぶ愛犬には、木の枝にそっくりなこのおもちゃがぴったりです。愛犬が噛んで遊んでも、本物の枝のようにささくれてしまうことがないので安心です。飼い主が一緒に遊ぶ時は、本物の木の枝とこの「ウッディー・タフ・スティック」を交互に見せながら遊びに誘ってみて下さい。ちらちらと見せながら、「どっちが良いかな?」と、犬を惑わせるような感覚で遊ぶとよいでしょう。
ウッディー・タフ・スティックの詳細はこちらから。

定番の知育おもちゃなら!「コング」

かなり丈夫なゴム製の「コング」。とても有名ですが、使い方が良く分からずに活用しきれていない人もいるようです。コングは中が空洞になっていて、中に詰めたおやつを食べるために愛犬が頭を使うという知育玩具です。ただし、穴が大きいため、小さなおやつだとすぐに出てきてしまうので、コングの活用方法としては不十分かもしれません。いかに時間をかけておやつをとりださせるかが重要なので、大きなジャーキーなどで穴の口にあたる部分のゴムを横に広げながら少し強引におやつを詰め込み、簡単にはおやつがでてこないようにしましょう。中にペースト状のおやつやチーズを塗る方法もおすすめです。また、コングは噛んで良いものといけないものを覚えさせるなど、色々なしつけにも役に立ちます。
コングの詳細はこちらから。

愛犬にもそれぞれ好みがありますが、おやつに関連したおもちゃは比較的どんな犬種にも人気ですね。おもちゃは遊びに使うだけでなく、上手に使うことで愛犬のしつけにもとても役に立ちます。安全性にも気をつけながら、お気に入りのおもちゃを見つけてみてくださいね。

この記事を誰かに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加