臆病なチワワへの接し方や社会性の身に付け方

一般的には活発で勇敢なチワワですが、警戒心が強く、臆病で怖がりという面も持っています。「うちの子は人見知りで」「怖がりで」と悩んでいる人もいるでしょう。子犬の頃に社会性を十分に身につけられなかったチワワは、時に日常生活で困ってしまうほどに臆病になってしまうことがあります。今回は、そのような非常に臆病なチワワへの接し方や対処法を紹介します。

チワワが臆病なワケ

チワワ 臆病

チワワ本来の特徴として、用心深く、警戒心がとても強いという面があります。しかし、チワワが普段の生活に支障をきたすほどに臆病な場合は、生後13週齢頃までの社会化期の社会化学習が不十分であったことが理由のひとつかもしれません。

社会化期は、好奇心の塊でなんでもスムーズに吸収し、楽しむことができる時期です。しかし、この社会化期を過ぎてしまうと、一気に警戒心が好奇心を上回るようになってしまうのです。社会化期は、犬同士のコミュニケーション方法を学べる貴重な時期です。また、この社会化期のうちに、人との関わり方を学び、様々な音に慣れることも人間社会で暮らしていく上で大切なことです。そういった理由で、7~8週齢頃までは、母犬のもとで過ごし、12~14週齢頃に新しい家族に迎え入れるのが理想的と言われています。しかし、時には人間の都合で早期に母犬や兄弟犬から離されてしまうチワワもいます。
すると、十分に他の犬や人間との関わり方を学べないままに成長し、非常に臆病な犬となってしまうことがあるのです。子犬を自宅に迎えたら、13週齢を過ぎていたとしても、できるだけ早くワクチンなどの予防プログラムを済ませ、きちんと獣医師による健康診断を受けた上で、人や犬がいる所に連れて行ったり、家の外や家の中での色々な音を聞かせたりして、社会化学習をさせてあげてください。

臆病なチワワにはどう接する?

チワワ 臆病

怖がってしまい震えるチワワや、警戒心や恐怖から激しく吠えてしまうチワワ。臆病な気持ちの表れは、色々な行動となって表現されます。社会化が不十分なチワワにとって、見たこともない外の世界や知らない人、音、光など、見る物全てが恐怖の対象となってしまいます。その不安や恐怖をぬぐい去るために飼い主ができることのひとつは、優しくたくさん話しかけてあげることです。
時には、叱る必要のある場面もあるでしょう。叱る時はいけないことをしている最中か、直後に短い言葉で叱るようにしてください。間違っても臆病なチワワに大声で怒鳴ったり、叩いたりしてはいけません。では、臆病なチワワに、少しでも社会性を身につけられるような方法をタイプ別に紹介します。

チワワの人見知り解消法

まずは、色々な人と触れ合わせましょう。散歩の途中で会う人、話しかけてくれた人にお願いして撫でてもらう、友人をお家に呼んで少しおやつを与えてもらったり、遊んでもらったりするのも効果的です。できるだけ、子供からお年寄り、男女、様々な人と触れ合わせ、飼い主以外の人に慣らしてあげます。

チワワの犬見知り解消法

散歩中に遠くから犬を見せ、ほえなかったらご褒美を与えて少し近づく、ということを繰り返しながら、他の犬がそばに来ることに少しずつ慣らしましょう。また、チワワを飼っている人同士の集まりや、ドッグラン、お散歩などに出かけ、積極的に他の犬と会う機会を増やしましょう。
ただし、早く親兄弟から離れていると接し方自体が分からないので、最初は抱っこして他の犬にお尻のニオイを嗅いでもらうなどして、徐々に慣らしてあげてくださいね。

色々なものに慣れさせよう

チワワ 臆病

音やにおい、動きなどに対しても、様々なことを体験させて慣れさせましょう。犬が警戒心を抱いていたら、抱っこして無理のない範囲で少しずつ近づき、触れさせ、吠えずにいられたら褒めるようにしてください。褒めることでだんだんと不安も軽減され、臆病な気持ちもおさまります。ただし、無理強いはしないようにしてください。

チワワを必要以上に臆病にさせないためには、子犬の時期に様々な経験を積んでおかなくてはなりません。社会化が十分でなかったチワワに対しては、是非、たくさんの愛情をもって少しずつ環境に慣らすトレーニングをしてあげてください。また、臆病なチワワにとって、飼い主の愛情をしっかり感じて、声をかけて安心させてもらうことはとても大切です。飼い主とチワワ自身がより快適な暮らしを送るために、少しずつ苦手を克服していってくださいね。

この記事を誰かに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加