チワワがしゃっくりをしていたら?愛犬がしゃっくりをする原因と対処法

愛犬のチワワが急にしゃっくりをして、驚いたことありませんか?
人間のしゃっくりであれば、「息をしばらくとめてみる」「コップの水を一気に飲む」といったような方法を試す人もいると思います。しかし、チワワにはそういったことをさせることはできないので、どうしたらよいものかと悩んでしまうこともあるでしょう。また、チワワがしゃっくりを繰り返す場合、大きな病気が原因となっていることもあるので注意が必要です。今回は、そんなチワワのしゃっくりについてお話します。

チワワがしゃっくりするのはなぜ?

チワワ しゃっくり

しゃっくりは、胸腔と腹腔を隔てる薄い筋肉の膜である横隔膜がけいれんしてしまうことで起こります。横隔膜は呼吸をする時に重要な役割を果たす筋肉で、この横隔膜が収縮することで肺が膨らみ、体に空気を取り込むことができます。
しかし、何らかの原因でこの横隔膜がけいれんしてしまい、呼吸のリズムと無関係なタイミングで収縮してしまうために、呼吸のリズムが乱される現象をしゃっくりといいます。

チワワがしゃっくりをする原因

早食いなどで拡張した胃が直接横隔膜を刺激してしゃっくりが起こることがあります。一方、消化器疾患により胃が拡張することで横隔膜が刺激を受けたり、ストレスや脳の疾患、肺などの呼吸器疾患で横隔膜が神経を介した刺激を受けたりしてしゃっくりが起こることもあります。しかし、犬のしゃっくりは、原因がはっきりわからないままであるケースもよくあります。

早食いによるしゃっくり

チワワ しゃっくり

チワワがごはんを勢いよく食べたり、水を勢い良く飲んだりすることで胃が拡張してしまい、横隔膜を刺激してしゃっくりが起こることがあります。時には、食べ過ぎもしゃっくりの原因になります。食べるスピードや食べ過ぎには注意させたいところです。

ストレスによるしゃっくり

ストレスや疲労感は、しゃっくりの原因になることがあります。ストレスを蓄積させないように気をつけましょう。

病気によるしゃっくり

しゃっくりは、重篤な病気のひとつの症状として私たちにサインを送っていることもあります。呼吸器の病気だけでなく、脳の病気や消化器の病気がしゃっくりを引き起こしている可能性があるのです。愛犬のしゃっくりがあまりに長引く場合や、頻繁にしゃっくりをする場合は、できるだけ早く動物病院を受診しましょう。
愛犬のチワワがしゃっくりをした時は、一日の行動、しゃっくりをしていた時間、食事の内容や量、どれくらい頻繁にしゃっくりが起こったかなどを記録して残しておくことも重要です。

チワワがしゃっくりをしたときの対処法

病気が原因のしゃっくりであれば、まずはその病気の治療をしなくてはなりません。また、愛犬に過剰なストレスがかかっている状態ならば、そのストレスを取り除くことも必要です。
一方、病気やストレスが原因のしゃっくりでなければ、多くの場合は時間がたてば自然にしゃっくりは収まります。それでも、愛犬がしゃっくりをしている姿はなんだか辛そうなものですね。原因のわからないしゃっくりを確実に止める方法はありませんが、少しでも早くしゃっくりを止めるために自宅で試せることをいくつか紹介します。
ただし、愛犬が嫌がったり辛そうだったりする時や、体調が良くない時には、まずは愛犬の様子をよく観察してあげてください。特に、しゃっくり以外の症状が見られるような場合には、無理にしゃっくりをとめずに、できるだけ早く動物病院を受診してください。

チワワのしゃっくりを治す方法その1:みぞおちを軽くさする

チワワ しゃっくり

しゃっくりが出たら、愛犬のみぞおち部分を手の平でゆっくりさすってあげてください。繰り返しているうちに、しゃっくりが収まってくることがあります。
ただし、食後などに胃が拡張してしゃっくりをしている場合は、身体をさすりながら愛犬の様子をよく観察してください。特に胸の深い大型犬種では、胃の拡張が進み、やがて胃捻転と呼ばれる緊急疾患へと繋がることがあります。

チワワのしゃっくりを治す方法その2:少量の食べ物を与えたり、水を少し飲ませたりする

食べ物やおやつを少量与えることで、呼吸のリズムに変化が起こってしゃっくりがとまる場合があります。また、愛犬の舌を触るなどして、唾を飲み込ませるように誘導してもよいでしょう。愛犬の様子を見ながら少しずつ行い、愛犬が嫌がるようならばやめるようにしてください。

チワワのしゃっくりを治す方法その3:少し運動をしてみる

少しの運動で呼吸のリズムを変えてみることで、しゃっくりが止まる可能性があります。少し身体を動かすことで、しゃっくりの不快感を紛らわせてあげることにも繋がります。愛犬の様子をよく見ながらゆっくりと行い、辛そうな時は無理に運動させないでください。

しゃっくりはチワワが子犬の頃に比較的起こりやすく、成長とともにあまりしゃっくりをしなくなる場合が多いです。そのため、特に成犬が繰り返すしゃっくりは、病気のサインかもしれません。長時間しゃっくりが止まらない場合や、嘔吐や咳といったしゃっくり以外の症状が見られる場合、また、愛犬のチワワが辛そうにしているなどいつも違う様子が見られる場合は、早めに動物病院を受診してください。

この記事を誰かに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加