猫と犬を一緒に飼うことはできる?チワワと猫の共存方法

チワワと猫を一緒に飼っている人の中には、ペットと暮らすことが大好きで自ら進んで犬と猫の両方を飼い始めた人もいれば、事情があって犬と猫を一緒に飼いはじめた人もいるでしょう。そもそも種の違う犬と猫は、一緒に暮らせるものなのでしょうか?答えは、「飼い主次第」です。犬と猫それぞれの性質を活かして、上手に共存していけば一緒に飼う事は可能です。

チワワと猫を一緒に飼う時のコツ:先に住んでいた方を優先する

犬の多頭飼いの場合にも注意する点ですが、猫と犬を一緒に飼う場合も、必ず先住を優先するようにします。また、猫と犬のどちらを先に飼い始めるか、や、一緒に生活を始める時期によって暮らしやすさはかわってきます。

チワワの子犬と子猫を同時に飼い始める場合

猫が生後2ヶ月、犬は生後3カ月までの社会化期に一緒に飼い始めるのがベストと言われています。犬も猫も若く、これから社会のことを学んでいく時期なので、一緒に生活することが当たり前の状態として受け入れやすくなります。

成犬が先住で、子猫を新たに迎える場合

犬はもともと群れで生活する動物なので、新入りになる子猫の面倒を見てくれます。ただし、チワワをはじめ犬の性格によっては子猫に危害を加える可能性もあります。また、好奇心旺盛な子猫が何も分からずに犬に近づき、犬に攻撃されて大けがをしたという例もあります。先住犬にきちんとしたしつけをしておき、また、お互いに慣れるまではあまり近づけず、両者ともに手が届かない範囲で生活させましょう。

猫が先住で、チワワの子犬を新たに迎える場合

チワワ 猫

成猫は家の中を自分の縄張りだと認識しています。そこに子犬がやってくると、子犬をよそ者と認識して威嚇し近づけないようにします。猫にとっては自分のテリトリーに子犬が入ってくる事は大きなストレスになります。子犬にしばらく我慢をさせてでも、先住の猫を優先して生活し、猫の方が家庭内での序列が上であることを子犬に理解させます。徐々に両者のペースでお互いの距離感がつかめてくるので、そっと見守りましょう。

成犬と成猫の組み合わせの場合

チワワ 猫

個体の性格の違いによって、様々なケースがあります。飼い主としてできる事は、安易に近づけたりせずにそっと見守ることです。万が一、大きなケンカをしてしまうと、どちらも大きな傷を負いかねません。先住がいる時に後から動物を迎え入れる際には、全てにおいて先住を優先しましょう。猫が先住の場合も犬が先住の場合も同様です。食事、散歩、声をかける順番は全て先住からとします。そうすることで、犬は家の中での順位をしっかり認識しますし、猫もそれを理解します。

チワワと猫を一緒に飼う時のコツ:それぞれの習性を理解してかわいがる

チワワ 猫

猫と犬は違う種の動物ですので、特性や習性も全く異なります。食事で必要な栄養素が異なるため、それぞれのドライフードの成分は全く違います。毎日の散歩が必要なのは犬だけです。また、犬は夜は寝ていますが、猫は夜行性です。猫は高所を好み、犬はひたすら走るのが好きです。多くの猫が束縛を嫌う一方で、甘えん坊で飼い主と一緒にいたがる犬は多いです。それぞれの特性や習性をよく理解した上で、同じだけの愛情を注いであげるのが、猫と犬を一緒に飼うコツです。

チワワと猫を一緒に飼う時のコツ:人間の都合で仲良くさせようとしない

いくら飼い主が仲良くして欲しい、仲睦まじい写真をとりたいと思っても、なかなかうまくいかないでしょう。同じ家で生活していくうちに、お互いのちょうど良い距離を自然と見つけ出して、うまく一緒に暮らせるようになります。ただし、あまりにも相性が悪い時などは、生活エリアを分けるなどしてトラブルを防いであげましょう。

猫と犬を一緒に飼う時の注意点

1.猫の爪を切っておく

猫の爪は時に非常に危険な武器になります。猫に悪気がなくても、犬とじゃれるのに夢中になって猫パンチを繰り出したら犬の目に爪が入ってしまい、深刻なけがを負うことがあるのです。しっかりと爪を切る習慣をつけるようにしましょう。

2.食事の奪い合いに注意する

猫と犬を一緒に飼う時は、食事の奪い合いに注意して下さい。犬の食事はケージ内で、猫の食事はキャットタワーなどの犬の手が届かない場所にするなどの工夫をしましょう。近い場所で食事を与えてしまうと、犬が猫の食事を食べてしまうことがあります。

3.トイレの配慮

特に猫のトイレには、犬を近づけないように注意して下さい。柵を設置して猫だけが通れる扉を工夫するなど、トイレの場所の区別をきっちり行いましょう。

猫と犬を一緒に飼いたいのであれば、それぞれの社会化期にスタートさせるとよいでしょう。飼い主は先住の動物を最優先にしつつ、双方に同じだけの愛情を注ぐ、という点に気をつければ、猫と犬を一緒に飼うことは十分可能です。どちらか一方だけを飼う場合とはまた違った、楽しいペットライフを送れるでしょう。

この記事を誰かに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加