チワワと一緒にお風呂に入ったらダメ?とお風呂に入るのがダメな理由

最低でも月に1回程度は愛犬のチワワにシャンプーをしてあげたいものです。シャンプーが大好きなチワワであればお風呂に入っている間、気持ちよさそうにしている愛犬を見ているとなんだかこちらまで嬉しくなってしまいますよね。そんな中、愛犬のチワワと一緒にお風呂に入る(入浴する)人もいるようですが、愛犬と一緒にお風呂に入る事はよいことではありません。ここでは、愛犬と一緒にお風呂に入ってはいけない理由と、愛犬をシャンプーする時に気をつけておきたいポイントも交えながら、お話しいたします。

愛犬と「一緒に」お風呂はNG

チワワ お風呂

愛犬と一緒のお湯に入ると、衛生面で問題視する人もいるでしょう。愛犬と一緒にお風呂に入ったことで人間がなんらかの健康被害をもったという報告はないようですが、愛犬のチワワの方へは健康に問題を引き起こしてしまう可能性が高いのです。

愛犬の体への負担

人間が心地よいと感じる温度での入浴は、チワワにとっては熱すぎることがほとんどです。チワワは人のように全身で汗をかくことがなく、さらに被毛に覆われているため、すぐに高体温になってしまう恐れがあります。場合によっては熱中症を起こしかねないので、愛犬と一緒に入浴することは避けてください。

愛犬の皮膚への負担

人にとって心地よいとされる湯温は、愛犬の体に負担がかかるだけでなく、皮膚自体にも大きな負担がかかります。これは、犬の皮膚が人のものよりずっと薄いためです。一方で、犬の皮膚に優しい湯温では、人にとっては生ぬるく感じてしまいます。

シャンプーのしすぎにより免疫力の低下

これは、愛犬と一緒に入るお風呂に限らず、普段からシャンプーの頻度が多過ぎる場合にも起こる問題です。健康な犬のシャンプーは、1ヶ月に1回から2回が良いとされています。
一方で、人間は毎日お風呂に入り、シャンプーをしたり体を洗ったりしますよね。犬と一緒にお風呂に入ってシャンプーをするという事を、1ヶ月に1から2回以上の頻度で行っている場合、愛犬の皮膚にとっては大きな負担がかかっていると言えるでしょう。

人間よりずっとデリケートな犬の皮膚や被毛は、洗いすぎることで必要な皮脂などが失われて、バリア機能が落ちてしまいます。バリア機能の失われた皮膚では、感染やアレルギーによる皮膚炎を起こしやすくなってしまいます。ただし、皮膚炎の症状によっては、頻繁にお風呂に入ることを獣医師から指示されることもあります。そのような場合は、獣医師の指示通りにお風呂に入れてあげるようにしてください。もちろん、飼い主と犬が一緒にお風呂に入ってはいけません。

人間用のシャンプーを使用することによる皮膚の負担

これも、お風呂の時に限らず、愛犬に普段シャンプーをしてあげるときにも気をつけなくてはいけない点です。愛犬を人間用のシャンプーやボディソープで洗っている人もいるかもしれません。これも、愛犬の皮膚にとってはとても負担のかかる行為です。人間用のシャンプーは薄めたとしても使ってはいけません。
犬の皮膚や被毛の構造は人間とは全く異なりますので、犬用シャンプーを使ってください。人間用シャンプーを薄めて使ったとしても、低刺激のシャンプーだとしても、犬が皮膚の構造が全く異なる人間用のシャンプーを使っていると、皮膚の病気に繋がる恐れがあります。

お風呂のあとに起こる問題

チワワ お風呂

さらに、日課として毎日のように愛犬とお風呂に入ることは、入浴後のケアでも愛犬に負担をかけてしまう可能性があります。

ドライヤーによる負担

これも、お風呂に入らずに、日頃シャンプーのみを行なう場合であっても気をつけておきたい点です。頻繁にドライヤーをかけることは皮膚と被毛に大きな負担をかけます。愛犬をお風呂に入れたあと、愛犬の体を乾かすために家庭用のドライヤーを使用する人がほとんどでしょう。ドライヤーの熱は侮れない位の高温です。
人間でも至近距離であてると熱く感じるようなドライヤーの熱を、人間より薄い犬の皮膚に当てたら、より熱く感じるだけでなく、火傷をおこしてしまうこともあります。そのドライヤーの熱を毎日のように、愛犬の皮膚や被毛に当てることは、とても大きな負担になります。
さらに、愛犬を早く乾かしてあげたくて、至近距離でドライヤーを当てる行為もとても危険です。適度な頻度でお風呂に入れたり、シャンプーをしたりするようにした上で、ドライヤーは飼い主が手を添えて温度を確認しながら、1mは離して使用するようにしましょう。

半乾きの危険

これも、普段のシャンプーの場合にも気をつけなくてはならない点です。お風呂のあと、きちんと愛犬の体を乾かせているでしょうか。愛犬の被毛や皮膚は、きちんと乾かしてあげる必要があります。被毛だけでなく、皮膚の表面や足の裏、肉球の間まで丁寧に乾かし、ケアすることがとても大切です。湿気やムレが残っていると、細菌などが繁殖しやすくなり、皮膚炎の原因になります。また、特に冬場は、愛犬の体温を奪ってしまうことにもなり、免疫力を低下させる一因にもなります。

この記事を誰かに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加