無視するのが最も効果的?チワワへの正しい叱り方

愛犬のチワワがトイレのしつけ中にトイレ以外の所で排泄してしまった時に、「ダメ!」などと怒鳴っていませんか?チワワをはじめ、犬を飼っていると人間が許容できないようないたずらをした時、危険な行為をやめさせたい時など、様々な場面で叱る必要が出てきますよね。でも、チワワの叱り方は難しいものです。飼い主はトイレの場所を間違えたことに怒っていたとしても、チワワは、「おしっこはいけないこと」と間違った理解をしてしまい、隠れてまた間違った場所で排泄するようになることがあります。また、いたずらをした時に大きな声で「○○ちゃんダメでじゃないの~」などと言って、叱ったつもりになっていることはありませんか?声のトーンや口調によって、犬は飼い主が喜んでいる、応援してくれていると認識してしまうこともあります。そこで今回は、犬の上手な叱り方を紹介します。

チワワに対して叱ることの目的

チワワ 叱り方

まず、「叱ること」と「怒ること」は異なります。叱ることの目的は犬に不適切な行動をやめさせ、静止させることだと飼い主がしっかりと理解しておかなくてはなりません。

もしやってはいけない行動をしとときに間違った叱り方をしてしまうと、しつけやトレーニングがうまくいかないばかりか、飼い主と愛犬との信頼関係を壊してしまうことにもつながります。また、間違った叱り方をすることでチワワが必要以上に臆病になってしまうなどの問題が起こることも少なくありません。感情に任せて怒鳴りつける、体罰を与えるなどは絶対にしてはいけません。本当に叱ることが必要な時に、適切なタイミングで、適切な方法で叱るよう心がけましょう。しつけやトレーングの基本は「褒めること」であり、叱ることではないことを忘れないでください。

チワワに怒鳴ったり、体罰をするのは誤った叱り方

チワワを叱る時、体罰は絶対にいけません。家具をボロボロにされたり大事なものを壊されたりすると、思わず感情に任せて手が出てしまう人もいるかもしれませんが、叩くことでチワワ自身がケガをしてしまう可能性があるだけでなく、飼い主と愛犬の信頼関係を崩すほか、物事に怯えてしまう性格に育ってしまったり、他のしつけがうまく進まなくなったりします。

また、声のトーンにも気をつけなくてはなりません。トイレ以外の場所で排泄した、ティッシュペーパーをビリビリに破って部屋中を散らかしたといった時に、高く大きな声で「○○ちゃんダメ~!」などと叫ぶことはやめましょう。飼い主が喜んでいると思ったり、遊んでもらえると勘違いしたりして同じことを繰り返すようになります。叱る時は、低い声のトーンで簡潔に叱るようにしましょう。

そして、叱るタイミングも大切です。不適切な行動の後で叱っても、犬は何を叱られているのか理解できません。やめてほしい行動をしている最中に叱ることで、犬はその行動がいけないことだと理解します。

チワワを叱るときは低いトーンの声で

チワワ 叱り方

叱る時は、「いけない」「だめ」など、一言を低い声ではっきり厳しく注意しましょう。
犬は飼い主の声のトーンで、飼い主の感情を理解します。「いけない」「だめ」などと声をかけることで、犬がその行動をやめたらそれで十分です。犬が静止した時点で、いたずらで散らかしていたのなら、黙って片付けをし、かじってはいけないものをかじったりしていたのなら、黙って取り上げましょう。

悪いことをしたときは相手にしない

null

言葉をかけて叱る以外の方法で不適切な行動をやめさせることも時には必要です。やめさせたい行動に対しては、原則として無視をするようにしましょう。
悪いことをした時に、声に出して叱るかわりに、数分間、犬を完全に無視して相手をしないようします。 無視している最中に飛びかかってきたり、甘咬みしてきたりしても、背中を向けてしまいましょう。これをくり返しているうちに、犬はその行動をやめるようになります。

犬のしつけやトレーニングの原則は、ほめて良い行動を伸ばしてあげることです。それでも、愛犬と生活していく上でしてはいけない行動や、すぐにやめなくてはならない行動をしたときなど、叱ることが必要な場面はでてくるものです。飼い主と愛犬の信頼関係をしっかりと築いた上で、上手に叱ってしつけを進めてください。うまくしつけを成功させて、愛犬との快適な生活を楽しんでくださいね。

この記事を誰かに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加