チワワだってやきもちを焼く!チワワがやきもちを焼いた時の感情と行動

そのなんともかわいらしく、愛くるしい姿から人気犬種ランキングでは常にトップを争うチワワ。チワワは、飼い主に対して深い愛情を注ぐ「一途」な犬種です。その愛情が深い分、他の犬や猫などの動物や赤ちゃんやこどもを飼い主がかわいがっていると、想像以上にやきもちを焼くことがあります。また、赤ちゃんや動物以外にも、飼い主の彼氏や彼女、夫もしくは妻といったパートナーに対しても嫉妬心を見せるチワワもいます。さらには、普段飼い主が使っている物や、ぬいぐるみなど、物に対してやきもちを焼く場合もあるようです。それでは、チワワはその嫉妬の気持ちをどのように表現するのでしょうか?今回は、チワワのやきもちについてまとめてみました。

チワワのやきもち行動5つ

チワワ やきもち

チワワがやきもちを焼いている理由やその対象により、色々な行動がみられます。

  • 飼い主が赤ちゃんをあやしていると、飼い主に吠える。または、赤ちゃんにうなる。
  • 飼い主が猫と遊んでいると、その猫に吠えたり攻撃したりする。
  • 彼氏・彼女、または夫婦の間に割って入り、自分の居場所を確保する。
  • 食欲不振に陥る。
  • 家具を傷つける、トイレをわざと間違える、家の壁をひっかき破壊するなどの問題行動を起こす。

これらの行動以外にも、他の犬を触ったり、赤ちゃんをあやしたりしている時に、チワワがいつもと違う行動をしていたら、それはやきもちのあらわれかもしれません。

チワワがやきもちを焼くワケ

1.かまってもらいたい

基本的には、飼い主にかまってもらいたい、飼い主に注目してもらいたいことが理由で起こす当たり前の行動です。

2.自分が上位にいることを示したい

チワワ やきもち

「家族」という群れで生活しているチワワは、飼い主をリーダーとして、他のメンバーを全て順位付けしています。リーダーである飼い主が、チワワ自身より下位にいると認識している別の犬や猫などをかまっていると、自分の順位がわからなくなってしまうことがあるようです。そのため、自分が上位にいることを明らかにするために、飼い主の目の前でその犬や猫を攻撃することがあるのです。

チワワのやきもちの対処法

1.激しく吠える、家具を傷つけるなどの問題行動を起こす場合

チワワが激しく吠えるなどの問題行動を起こす時は、まずは無視をしてください。「自分に飼い主の関心を向かせること」がチワワの目的なので、大げさに叱ったりすると、叱られてでもかまって欲しいチワワにとっては嬉しい結果となってしまいます。問題行動をやめた時には、たっぷり褒めてあげましょう。

パートナーにやきもちを焼く場合には、飼い主とパートナーとチワワとで一緒に遊ぶなどして、徐々に警戒心を解くようにして下さい。赤ちゃんやこどもをはじめとした家族のメンバーや、他の犬や猫に対して攻撃的になる場合、正しい順位付けが理解できていないことがあります。普段から意識して人間を優先するようにして、あくまでも人間が上位にいることを理解させてください。また、多頭飼いをしているならば、先住犬を優先するようにして、チワワに序列を正しく理解させるようにしましょう。

2.食欲不振に陥る

新しく犬を家族に迎えた場合などに、それまで食欲旺盛だったチワワが食欲不振になることがあります。後から来た犬と、自分との関係がよくわからずに、常にやきもちを焼いている状態かもしれません。飼い主がしっかりと先住のチワワを優先して、心のケアをしてください。多頭飼いをする場合は、常に先住のチワワを優先しましょう。先住のチワワをかまっている時に、後から来た犬がちょっかいを出してきたとしても先住のチワワをかまい、優先してあげます。
逆に、後から来た犬をかまっている時に先住のチワワが来た時には、一旦後から来た犬から離れ、先住のチワワを優先してください。多頭飼いをはじめた瞬間からこれをきちんと継続することで、先住のチワワも後から来た犬も「序列」を認識し、穏やかな生活を送れるようになります。

チワワに限らず犬は、飼い主に愛情を注いでもらい、注目されることが何よりも嬉しい動物です。少しのやきもちはかわいいと感じられるかもしれませんが、問題行動や食欲不振を起こしてしまうようでは快適な暮らしを送ることができません。チワワがやきもちを焼く時は、飼い主に何か配慮が足りていない部分があるはずです。まずは、改めて家族内での「序列」をきちんと示してあげて下さい。優先順位をきちんと理解させ、それを守って過ごしていくことで、飼い主もチワワもより生活がしやすくなるはずです。

この記事を誰かに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加