チワワが食べてはいけない野菜とは?チワワの手作り食におすすめな7つの野菜

愛犬のチワワの食事には何を与えていますか?便利な市販のフードを食べさせている人もいれば、食事を手作りしている人もいるでしょう。今回は、チワワの手作り食を作る上で欠かせない食材である「野菜」がテーマです。野菜の中には、チワワが決して食べてはいけないものがあることを知っていますか?チワワが食べてはいけない野菜と、手作り食に使いやすい野菜について紹介します。

チワワが食べてもいい野菜

チワワが食べてはいけない野菜

チワワが食べてはいけない野菜

ネギ類(長ネギ、玉ねぎ、ニラ、にんにく、ショウガなど)

チワワが食べてはいけない野菜 たまねぎ

犬に与えてはいけない野菜としてとても有名なネギ類は、チワワに与えてはいけません。ネギ類に含まれる物質が赤血球を破壊し、ほんの少量であっても死亡してしまうこともあるからです。

ネギ類はどんなに小さく刻んで加熱をしていたとしても、また、牛丼やすき焼きの汁のように、タマネギを用いた料理の煮汁だけであっても、中毒を起こす危険があります。愛犬のチワワにネギ類を誤って食べさせないよう、細心の注意を払いましょう。

チワワが食べてはいけない野菜 にんにく

また、見落としがちですが、にんにくやショウガもタマネギなどと同様の中毒性物質を含みます。ほんの少量であっても、にんにくやショウガを含むものは、絶対にチワワに食べさせないでください。

チワワの手作り食に使いやすい野菜と調理のポイント

野菜は、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含み、肉類のみでは不足しがちな栄養素を補うのに欠かせません。バランスの良い食生活を送るためにも、野菜を上手に取り入れてみてください。

キャベツや白菜

チワワが食べてもいい野菜 キャベツ

キャベツや白菜は食物繊維を多く含み、腸内環境を整える働きをします。低カロリーで食物繊維を多く含むため、体重コントロールをしたい時のカサ増しとしても便利な食材です。ただし食べ過ぎると、消化がスムーズにできずにチワワが吐いてしまったり、腸内環境を乱してしまったりすることがあります。キャベツや白菜をチワワに与える時は、茹でたものを細かく刻んで与えて下さい。

かぼちゃ

チワワが食べられる野菜 かぼちゃ

かぼちゃにはビタミンC・E、β-カロテンを含みます。しかし食物繊維が豊富であるため、食べすぎるとチワワが下痢をしてしまうことがあるので注意して下さい。カボチャは皮とワタをきれいにとり、ゆでたり蒸したりして柔らかくして少量をチワワに与えて下さい。

さつまいも

チワワが食べられる野菜 さつまいも

ビタミン群のほか、食物繊維の豊富なさつまいもは、チワワの健康的なおやつとしても適しています。ただし、サツマイモはアクがあるため、しっかりと茹で溢しをしましょう。柔らかくなったサツマイモを少量、チワワに食べさせるようにしてください。

じゃがいも

チワワが食べられる野菜 じゃがいも

じゃがいもにはビタミンCを豊富に含みます。毒性のあるジャガイモの芽はきちんと除去した上で、ゆでたり蒸したりして柔らかくしてから与えましょう。

ブロッコリー

チワワが食べられる野菜 ブロッコリー

ビタミンCと食物繊維が多く含まれます。特に食物繊維の豊富な茎の部分は、与えすぎると軟便や下痢などの原因になることがあります。花の部分を茹でて、少量ずつチワワに与えるようにしてください。

にんじん

チワワが食べられる野菜 にんじん

βカロテンが豊富に含まれています。にんじんは、生のままチワワに与えてもよい野菜のひとつです。栄養の吸収を考えるなら、生のままですりおろして与えるとよいでしょう。また、チワワの歯ぐきの健康や排便促進のためなら、細いスティック状にして与えて下さい。スティック状のにんじんは、チワワのおやつにも適しています。ただし、スティック状のにんじんを生でチワワに与えるときは、喉に詰まらせないように、目を離さずしっかりと噛ませるようにしてください。

レタス、きゅうり、トマト

チワワが食べられる野菜 トマト

これらの野菜は、生のままチワワに食べさせることができます。水分が豊富な野菜なので、暑い夏に水をあまり飲んでくれないチワワには、水分補給の助けにもなります。ただし、プチトマトはチワワが丸呑みをしてのどに詰まらせてしまう恐れがあるので避けるようにしましょう。

チワワにとってはじめての食材を与えるときには、必ず少量から試すようにしてください。野菜の切り方や調理方法が不適切だと、消化に大きな負担がかかったり、噛んだり飲み込んだりがうまくできなかったりすることもあります。チワワのごはんを手作りしようと考えるのであれば、チワワが食べてはいけない食材やチワワの体に負担のかからない調理方法についての知識をしっかりと身につけておかなくてなりません。
また、治療中や経過観察中の疾患がある場合には、必ずかかりつけの獣医師と相談の上で手作り食をすすめてください。健康状態に問題のないチワワであっても、不安な場合は獣医師に相談するなどしながら、無理なく少しずつ手作り食をすすめていってはいかがでしょうか。

この記事を誰かに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加