子犬のチワワの飼い方|家に迎える前に覚えてくべきこと

チワワの子犬を実際に家族に迎え入れるときには、子犬のチワワを家に連れて帰るまえに準備しておかなければならない物があります。今回は、子犬を迎えるために必要な物や育て方を紹介します。

チワワの子犬を迎える前に準備しておくもの

チワワ 飼い方

子犬のチワワを家に迎える前に、準備すべきものがあります。それは、食事(ドックフード・食器類)、ハウス(ケージ・トイレ・ペットシート・ウォーターボトル・ベッド)、おもちゃ、首輪、リード、除菌シートなどがあげられます。育て方は家庭によって違うので、後から他にも徐々に必要になってくるものはありますが、まずは基本的なものを揃えておければ良いようですね。

子犬のチワワ、食事の量や回数はどのくらいがいいの?

チワワ 飼い方 

家に迎えてから1週間ほどはまだ慣れていないため、ペットショップやブリーダーなど元々愛犬のチワワがいた環境での食事を参考に与えるのが良いようです。それ以降はチワワの適切な
ドックフード量をもとにして、ぬるま湯や犬用ミルクなどでふやかし、子犬のうちは3~4回に分けて与えます。食事の量は体重や成長度合いによっても変わるので、獣医さんに聞いてみるのも良いかもしれません。また、チワワは食事量が少なく糖分濃度が下がりやすい体質なので、チワワの食事については特に気を遣ってあげたいですね。

子犬のチワワを育てるうえで知っておきたい基本のこと

チワワ 飼い方

子犬チワワの睡眠時間は約20時間!

チワワは1日に約10時間寝るのが一般的ですが、子犬のうちは18~19時間近く寝るといわれています。睡眠時間が長いと感じる方もいるかもしれませんが、ワンちゃんたちにとっての睡眠は、ストレスを軽減するという重要な意味があるようです。ストレスを溜めさせず、愛犬のチワワとの良好な関係を築くためにもしっかりと睡眠をとらせる育て方が良いようですね。

子犬チワワと遊んでよい時間は1日に数回にとどめる

愛犬のチワワを連れて帰ってきてから最低でも一週間は、負担をかけないためにも抱っこや撫でることをし過ぎることは控えた方が良いようです。それ以降は一日に数回20分程度を目安におもちゃなどを使って休憩を入れながらコミュニケーションとして遊んで慣れさせるのが一般的です。また、しつけをしても良い時期でもあるので、お家に慣れたら様子を見て遊びながらしつけを意識できると良いですね。しかし、生後3か月程度の子犬の仕事は大半が睡眠をとることなので、遊びすぎにも注意する必要があります。

子犬チワワをしつけるときは、短い言葉で大げさに

家族が愛犬を叱ったり褒めたりしながら行う育て方が一般的ですが、チワワは長い言葉を理解することはできません。なので、叱ったり褒めたりするときは、短い決まった言葉を表情やジェスチャーをつけて大げさにかける育て方を心がけた方が良いようです。また、チワワは警戒心がとても強いので、いきなり大きな声で叱ることはせず冷静に対応して、褒めるときには全力で褒めてあげることが大切です。
関連記事:チワワのしつけ|まずチワワのしつけておきたい基本の3つ

新しく家族に迎えいれた警戒心のつよいチワワにとって、ストレスをなるべく感じさせない環境や育て方が重要になります。そのために家族がチワワの育て方ついての知識をしっかりと持って、必要な準備を選択しながら行いたいですね。なかなか最初からすべてを揃えることは難しいかもしれませんが、必要最低限のものはしっかりと準備して、愛犬のチワワにあった育て方を見つけて柔軟に対応していけると良いですね。

この記事を誰かに教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加